忍者ブログ
あーでもない、こーでもないと 日々のアレコレを書き殴る 自己満足ブログ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/05 南国]
[04/04 南国]
[04/04 Happy]
[04/02 南国]
[04/02 rc]
最新記事
プロフィール
HN:
南国
性別:
男性
職業:
電卓を叩く事
趣味:
バイクを発射する事
自己紹介:
ようこそ南国企画へ。
開いた瞬間逃げる奴は社員だ。
逃げない奴は良く訓練された社員だ。
本当ココは地獄だぜ。
フゥーハッハッハーw
[570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クラウドファンディング

https://readyfor.jp/
アメリカの2chとか言われる4chとかredditとかでは良く聞いてたけど
日本にもあったとは知らなかった。

クラウドファンディング。
要は寄付を募るわけだが、NETの普及で一瞬で全国から集められるわけだ。
成功例や、もう一息といった案件を見ていって、疑問点が一つ。
しかしそれがHPに出てこない。
探し回ったらFAQにあった。

Q. 手数料はいくらかかりますか?
A. 達成金額の17%が手数料です。この手数料は業界標準よりも低価格です。
一つでも素敵なプロジェクトが十分な金額で実行できることを目指しています。

17%は高い。
たしかにココまで大きくなるまでに粘りと頑張り、色眼鏡で見られることに
耐えてきたとは思うんだけど・・
一般人がREADYFORという看板の下で寄付を募れる仕組みは素晴らしい。
ただ17%はちょっとなぁ・・
まぁこういうのって手数料の基準もないし30%でも驚きはせんがw

電通が少し絡んでるっぽいのは分かったけど
バックボーンが見えないんだよな、この会社。
ココの社長が優秀なのはわかるんだけど。

寄付と言う人の善意で成り立つ行為に対して手数料を取るわけだ。
それは寄付をする善意と何らかのプロジェクトを実行する善意を繋げる行為で
READYFORという会社は皆様の善意で成り立っています、と。
つまり人の善意に巣食う寄生虫ということか。

いや勿論ゼロ発進する個人が寄付を求めても成功率は非常に低いわけで
こういった何らかのプロジェクトの一覧を作れる会社があれば
それはとても便利だし、READYFORでいう実行者と寄付者にとっても
互いにWINWINの関係を築けるとは思う。
でも手数料高いよねw

うーん・・NPOって文字がいっぱい出てるから体が拒否反応を示してて
粗探しをしちゃってるというのは自分でも分かってるw
なんつーか、あれだ。死ぬ死ぬ詐欺みたいのが混じってるんじゃないかと
身構えて見てしまうんだよね。
純粋なる善意と言うのを俺は持ってないんだろうなw
ベンチャーキャピタルとかハゲタカファンドとかなら理解できるのに。

あ、なんかわかったかも?
VCとかなら理解できて、READYFORが理解できないのは
それが純粋な経済行為でありながら、リターンがないからだ。
「役務の発生」についても書いてありはしたけどさw
海外での成功した場合のリターンに比べるとそれが小さいんだ。
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


Copyright (C) 2010 南国企画,
All right Resieved.*Powered by ニンジャブログ *Designed by nicole  / 忍者ブログ / [PR]