忍者ブログ
あーでもない、こーでもないと 日々のアレコレを書き殴る 自己満足ブログ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/05 南国]
[04/04 南国]
[04/04 Happy]
[04/02 南国]
[04/02 rc]
最新記事
プロフィール
HN:
南国
性別:
男性
職業:
電卓を叩く事
趣味:
バイクを発射する事
自己紹介:
ようこそ南国企画へ。
開いた瞬間逃げる奴は社員だ。
逃げない奴は良く訓練された社員だ。
本当ココは地獄だぜ。
フゥーハッハッハーw
[659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある意味

従軍慰安婦問題と言う解説回は、ある意味面白かった。
・視聴者に切れる司会w
・解説を投げる青木w
・論点が定まらない下村
・自国擁護日本批判に徹する韓国の教授
過去2回は2時間以上掛かったのに、今回は1時間半w
昨日よりよほど論点は豊富なのに、なんで短いんだろうねw

パート1での辺vs平沢であったこの10年答えが出てない広義狭義問題。
辺「日本に行けばいい学校に行けたりなどの甘言に乗せられる。
また業者によって彼女達が連れて来られたと言う事であれば、仮にその業者が
軍に認定されたものであれば、軍の関与が考えられるし、国家の関与も考えられる。
すなわち、自らの意思に反して連れてこられたのだから拉致である。
これが韓国人の考えだ」
平沢「最初は銃剣で持って強制的に韓国人を脅して連れて来たから強制連行だと言う。
ところが風向きが変わったから、言い訳が変わった。
事実が出てくると、今みたいな言い分に変わったわけですよ。
拉致・強制性で言えば、北朝鮮がアブダクト・さるぐつわを嵌めて拉致するのとは
全然話が違う」
辺「ちょっと待ってください。有本恵子さんの場合、彼女は日本赤軍に連れ去られて
北朝鮮に連れていかれた。これは北朝鮮の関与でしょう」

平沢の返事を待たずに木村が口を挟むw

木村「強制性に関しては、1943年の時点までは慰安婦の女性は1年で代わりの女性が
来たら、給料を持って帰国しています。これは全て証拠があります。
ところがこれが1944年になると、日本の補給線が途切れ始めます。
補給線が途切れると言う事は代わりの女性が来ないので帰れないということに
なったわけです。この年代による違いが専門家では常識でも一般には知られていない」

これは知らなかったw 良く考えればそうなんだよね。
俺は慰安婦が居なかったとは言わない。
だって、慰安所があり慰安婦が居たのは事実だったのだから。
ただ慰安婦はイコール売春婦だと思うけどね。
辺の北朝鮮の例えはうまいと思うけど、実行犯は日本赤軍だろ。
狭義と広義は延々と平行線をたどるだろうねぇ・・

で、昨日の解説回。
女性基金の下村が暴走する暴走するw しかも何が言いたいのか分からんw
そこへ
韓国の教授「慰安婦問題の解決は全て日本側に責任があります!」
最初の一言目がコレw
「韓国の人々は日本が何度も謝罪している事すら知らない。
日本の告知不足」
コレに反しての下村「台湾・フィリピンはofficiallyに贈呈式をやった。
記者も呼んでTVも呼んで、慰安婦の方々と一緒に写真も撮った。
オランダは少し揉めたけれど、これも最終的にはちゃんとやった。
インドネシアは政府が全部一括で受け取り、老人ホームを建てた。
しかし韓国は儒教の国だから、過去にそう言う事をしていたのが知れると
周りから攻撃されて生きていけなくなるから、何名に渡したのかも
全て秘密にした。それは韓国からの要求だった」

女性基金から慰安婦に渡る500万のうち、挺進協が200万をピンハネする。
今なお慰安婦のばーさんたちは食い物にされているわけだw

日本の告知不足と言うのが分かったのは良かったことよ。
どうせまた金と謝罪をしなければいけない時がくるだろう。
その時は慰安婦全員の顔写真と名前を韓国の新聞・雑誌で発表し
金を幾ら渡し、このような謝罪文を渡したと言う事を公表する必要がある。
全ての韓国人が見れるようにね。


しかし、昨日の従軍慰安婦問題の解説を見るにつけ、どーも・・
後ろに居る韓国政府の姿が透けて見えるというか。
そもそも今回のドキュメンタリー、本当にニコニコが依頼して作成したのか?w
その金は韓国から出てるんじゃないのか?w
一方的過ぎるドキュメンタリーの内容もそれなら納得するわw
で、だからこそ、パククネの妹の独占インタビューになったとかね?w
疑い始めるときりがないけどなw
PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


Copyright (C) 2010 南国企画,
All right Resieved.*Powered by ニンジャブログ *Designed by nicole  / 忍者ブログ / [PR]